2009年03月31日

インフルエンザ予防接種B

インフルエンザワクチンの接種を受ける時には、注意が必要な人、接種を受ける事が不適当と考えられる人があります。
「予防接種実施規則」というものがあり、第6条に接種不適当者についてあります。
@明らかな発熱を呈している者(37.5℃以上)
A重篤な急性疾患にかかっていることが明らかな者
B当該疾病に係る予防接種の接種液の成分によってアナフィラキシーショックを呈したことが明らかな者
Cその他、予防接種を行うことが不適当な状態にある者

予防接種を受けるためには、受診が必要です。基礎疾患や既往がある人でも、健康状態、体質などについてお医者さんと相談の上、接種可能かどうか判断してもらい効果や副反応について説明を受け、十分に理解した上で予防接種を受けるようにしましょう。

インフルエンザワクチンの予防接種について調べていたら、ちょっとびっくりexclamationなんて事がありました。
日本産婦人科学会と日本産婦人科医会が作成した「産婦人科診療ガイドライン2008」というものがあり、そこには・・・
インフルエンザは妊婦がかかると重症化しやすい。とされており、妊婦がインフルエンザワクチンの予防接種を希望する場合は、接種した良い。という事が明記してあるそうだ・・・

まぁ、詳しいことは今通っている産科の先生に相談した上での事だと思うけど手(パー)
今まで、妊婦に予防接種なんてタブーだと思ってたんでちょっとびっくりしました。

その他には、インフルエンザワクチンは鶏卵を使って作られています。
なので、昔は卵アレルギーのある人はインフルエンザワクチンの予防接種は不適当なんて聞いたことがあったけど、今では、精製技術も向上し、ほとんど問題がないそうだ。
卵を食べてショックを起すなどの重篤な卵アレルギーがある人は、接種を避けるか厳重注意で接種するか・・・お医者さんと相談。

それから、それからもうひとつひらめき授乳中のママ揺れるハート
薬は、母乳を介してベビーに影響を与える事があるため避ける、って言うのが普通だけど、インフルエンザワクチンは接種してもOKexclamation
支障はないんだそうわーい(嬉しい顔)
なんでも、インフルエンザワクチンは不活化ワクチンという病原性をなくしたウィルスの成分を使っているため、体の中で増えることがなく母乳を介してベビーに影響を与えることもないexclamationんだそう。
そのかわり、ママがワクチンの接種を受けてもベビーに直接のインフルエンザ感染の予防効果を期待する事はムリ・・・

やっぱりねぇ(^0^)









posted by chiyano at 23:19| インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月30日

インフルエンザ予防接種A

インフルエンザの予防接種は、任意接種のため各市町村によって金額が異なるそうです(‘o‘)
0〜64歳までは、全額自己負担となります。(65歳以上は各市町村の補助があります。)
任意接種なので、当然ながら乳児医療は使えません。

でもって、同じ市町村でも病院によって金額が違う事があります。効果は同じなので、下調べをしてから予約の方が良いカモ…(^。^;)
でも、かかりつけがある場合は、そちらの病院で予防接種を受ける方が間違いなくBEST手(チョキ)
インフルエンザワクチンの予防接種は10月下旬頃から受けられます。
毎年、ワクチン不足が予想されているので早めに予約をする事が良いですね。

12歳以下の子供は、インフルエンザウィルスに対する免疫が低いので2回接種をすることが必要です。
成人の場合は、多少の免疫力もあるので1回でもOKですが、2回接種の方が予防効果はグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)です。
高齢者も2回接種の方が良いですね。
乳児は、生後6ヶ月から接種することが出来るそうですが、乳児に接種するより周りの家族が接種してインフルエンザウィルスを持ち込まないようにする方が良いんではないかと思います。

インフルエンザワクチンの予防接種は、1回目と2回目の間隔を1〜4週あけます。
抗体がつくのに3〜4週間かかるので、そこから逆算して1回目を早めに接種し、3週間ぐらいあけて2回目を接種するのが理想かなぁ手(グー)
大切なのは、流行前に済ませてしまう事です。

私の知り合いで、11月中旬にインフルエンザワクチンを接種し、流行のピーク時はなんともなかったんだけど、4月に入ってからインフルエンザにかかったふらふらなんて人がいます。
そんな事を聞いてから、私は毎年2回予防接種を受けています。

遅くても、12月上〜中旬には、ワクチンの接種を受け終わっていれば良いですね手(チョキ)


posted by chiyano at 23:38| インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月29日

インフルエンザ予防接種@

インフルエンザには、ワクチンの予防接種があります。
インフルエンザウィルスの遺伝子は変化しやすいため、毎年の予防接種を受ける事が必要です。
また、その年に流行しそうなウィルスの予測をつけてワクチンの種類を決めているため、予防接種をしたからと言って100%大丈夫!予防できるとは、限らない...( ̄○ ̄;)

しかし、重篤な合併症を防ぐためには、やっぱり予防接種はした方が良いと思います。
子供の場合は、インフルエンザ脳症や脳炎などで毎年入院や死亡にまで至ったケースが、あげられています。
いずれも、インフルエンザワクチンの予防接種を受けていない子供ばかりだそうです。
ちなみに、高齢者の入院や死亡のトップは、肺炎の合併症だそうです。

インフルエンザワクチンの予防接種で、発症を100%防ぐのはムリとしても、重篤な合併症を防ぐという目的で受けるのは、やっぱり◎。

愛するわが子のためにもね(*^o^*)
posted by chiyano at 23:39| インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月28日

インフルエンザ予防法

インフルエンザの予防法

その1
まずは、感染予防の基本である手洗い・うがいをしっかりとする。特に、外出後は必ずする。
その2
十分な睡眠と栄養バランスの良い食事をきちんと摂る。インフルエンザに限らず、日常生活の基本だねo(^-^)o
その3
適度な温度と湿度を保つ!ウィルスは低温と乾燥が大好き。乾燥していると長い時間ウィルスが空気中を漂っています(*_*)加湿器などで、室内の湿度(50〜60%)を保とう(^∀^)
その4
人混みをさける。ε=ε=┏( ・_・)┛
その5
マスクの着用!感染経路の主は飛沫感染。感染者の咳やくしゃみからウィルスを吸い込んでしまわないようにするため、外出時はマスクを着用する。
その6
予防接種を受けよう!

などなど…
posted by chiyano at 23:49| インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月27日

インフルエンザ受診

冬場の高熱は、インフルエンザを疑って受診した方が良いと思います。
勝手に、風邪薬や解熱剤を飲ましたりしちゃダメなんです。

受診すると、鼻の奥に細長い綿棒を入れて、インフルエンザの検査をします。
結果は10〜15分くらい。
小さな子供の場合、発症してから24時間経過してないと、しっかりとした結果が出にくい、とかかりつけの小児科の先生に言われました。

また、こんな時は必ず医師に相談する事。
・解熱剤服用
・抗生物質服用
・市販の風邪薬服用
・嘔吐した場合
・ケイレンを起こした場合
・異常行動

合併症や重症化を招く恐れがあります。

早めの受診、処置が大切!です。
posted by chiyano at 23:40| インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月26日

インフルエンザ症状

インフルエンザの主な症状
・高熱(38〜40℃)
・頭痛、頭重感
・筋肉痛
・関節痛
・全身倦怠感
・のどの痛み
・鼻水
・咳
通常の風邪に比べ、症状が重く、全身状態も顕著に現れます。

潜伏期間が短く、感染力が強い事も特徴。
感染後1〜3日間の潜伏期間を経て、突然38〜40℃の高熱が出て発病。
同時に悪寒、頭痛、関節痛、筋肉痛、全身状態などの全身症状が現れます。
これに続き咳、鼻水、のどの痛み、胸の痛みなど、呼吸器の急性症状が見られます。
発熱は3〜7日続きます。
登園・登校は熱が下がって2日間経過した後です。
posted by chiyano at 23:17| インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月25日

インフルエンザとは…

インフルエンザとは、インフルエンザウィルスの感染によって起こる感染症。

流行シーズンは冬場だけど、今年は3月下旬になってもまだ流行ってるみたい…( ̄○ ̄;)
インフルエンザは普通の風邪と違って恐い感染症なんです。
どこが恐いって…

特に小さな子供の場合、処置が遅れるとインフルエンザ脳症など、さまざまな合併症や重症化を招く恐れがあります。
ベビー〜小さな子供にとっては、ママ・パパをはじめ、周りの人が注意してあげないとね…
posted by chiyano at 23:20| インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月24日

インフルエンザまだまだ

毎年冬になると流行するインフルエンザ
今シーズンのインフルエンザは、何かとお騒がせでしたねぇ( ̄○ ̄;)
感染の規模も、ここ数年の間で最大だったそうだ。

感染のピークは1月頃だったようだけど、3月下旬になってもまだ流行しているよう。
感染者は、保育園〜小学生の子供が一番多いとか…
卒業・卒園の時期なので、ちょっと心配のママもいるんでは…(>Σ<)
でも、それが過ぎれば春休み。
集団生活から一時離れるので、流行も終息に向かう…かな(^◇^)┛

それから、Aソ連型インフルエンザに、タミフル(内服治療薬)に耐性があり、97%の人に効かない!
なんて報道されてました。
そもそも、予防接種のワクチンがどうだったのか・・・
なんて問題も新聞に載ってましたねぇ( ̄○ ̄;)

去年あたりでは、飛び出し・飛び降り・うわごとなど異常行動と治療薬の関係についての問題も報道で取り上げられてましたねぇ(>_<)
真相は、よくわからないけど治療薬うんぬんよりも、インフルエンザそのものでも起きている可能性があるらしい。

そういえば小児科に行った時、インフルエンザのポスターがあり症状の記載欄に異常行動にも注意みたいなことが書いてあったような・・・

インフ
posted by chiyano at 05:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月23日

免疫力!

「免疫」とは、体を守る基本。
私たちが持っている、体を健康に保つためのシステム機能。
毎日、たくさんのウィルスや細菌に接触しているけど健康でいられるのは、この免疫システムが正常に機能しているから…

普段から、免疫力を高めておくことが大切!
特に子供の免疫力は未発達。
大人と同じレベルになるには、だいたい15歳ぐらい。
それまでは、やっぱり風邪引きやすかったり、すぐ熱が出ちゃったり…
いろいろな感染症にかかりやすい(≧ヘ≦)

免疫力を高めるためには、生活習慣の基本を守る事が大切!

規則正しい生活を送る
睡眠を十分にとる
栄養バランスのよい食事をとる
適度に運動をする
ストレス発散!病は気から…o(^-^)o

などとまぁ基本的な事ばかりだけどとっても重要!
生活習慣の基本を守って、免疫力を高めよう!
posted by chiyano at 05:42| 子供の感染症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

出校停止期間

園や学校の出校停止期間は、第一種伝染病、第二種伝染病、第三種伝染病と異なる。

第一種伝染病の出校停止期間
すべて完治するまで

第二種伝染病の出校停止期間
インフルエンザ・・・熱が下がって2日間
百日咳・・・・・・・特徴的な咳がなくなるまで
麻疹・・・・・・・・熱が下がって3日間
流行性耳下腺炎・・・耳下腺の腫れがなくなるまで 
風疹・・・・・・・・発疹が消えるまで
水痘・・・・・・・・発疹がすべてかさぶたになるまで
咽頭結膜熱・・・・・主要な症状が消えて2日間
帯状疱疹・・・・・・病状により、学校・主治医が伝染の恐れがないと認めるまで
結核・・・・・・・・病状により、学校・主治医が伝染の恐れがないと認めるまで

第三種伝染病の出校停止期間
病状により、学校・主治医が伝染の恐れがないと認めるまで

その他に、感染症にかかったのが子供本人ではなく、家族がかかった場合や、第一種伝染病の発生地域に住んでいる場合も、学校・主治医に相談しましょう。

posted by chiyano at 05:53| 子供の感染症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月21日

学校伝染病の種類

学校伝染病には、第一種伝染病、第二種伝染病、第三種伝染病とある。
第一種伝染病
エボラ出血熱・クリミア・コンゴ出血熱・マールブルグ病・重症急性呼吸器症候群(SARS/サーズ)・痘瘡・ペスト・ラッサ熱・ポリオ・コレラ・細菌性赤痢・腸チフス・パラチフス・ジフテリア・鳥インフルエンザ

第二種伝染病
インフルエンザ・百日咳・麻疹・流行性耳下腺炎(おたふく風邪)・風疹・水痘(みずぼう瘡)・咽頭結膜熱(プール熱)・帯状疱疹・結核

第三種伝染病
腸管出血性大腸菌感染症・流行性角結膜炎・急性出血性結膜炎

この他に、条件によって出席停止が必要と考えられるものがある。
溶連菌感染症・ウィルス性肝炎・マイコプラズマ感染症・伝染性紅斑(りんご病)・手足口病・ヘルパンギーナ・流行性嘔吐下痢症(ウィルス性胃腸炎)・頭じらみ・伝染性軟属腫(水いぼ)・伝染性膿痂疹(とびひ)など…

なんかいっぱいありすぎて、なんのこっちゃ?( ̄○ ̄;)
posted by chiyano at 17:19| 子供の感染症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月20日

「学校伝染病」

「学校伝染病」ってご存知?

学校保健法施行規則第19条に定められた
「学校において予防すべき伝染病」のこと。

感染症にかかると、感染の可能性がなくなるまで園や学校を休まなければならないんだけど、その感染症の種類や出校停止の期間が定められている。

感染の可能性がなくなり、登校する場合は「登園・登校許可書」を医師に書いてもらい提出しなければならない。

ネェネが保育園に行ってる時は、おたふく風邪やみずぼう瘡などで、職員室に書類を貰いに行ったのを覚えている。

ところで、学校伝染病の種類って・・・
posted by chiyano at 23:26| 子供の感染症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月18日

感染症って…

子供の感染症っていろいろあるけど、自分が子供の頃には聞かなかった感染症も増えていて、
「何、それ?」と思うこともしばしば…

当たり前だけど、当事者である子供は大変な思い(>_<)

だけど、親も大変!
つらそうな子供を見てると、代わってあげたいp(´⌒`q)

私は働いているので、登校や登園に影響があったり…
ネェネが体調を崩すと治る頃に弟も崩す(≧ヘ≦)
で、仕事は休んでばっかり…
職場のみなさんごめんなさい

ところで、感染症って…アバウトにまとめると…

ウィルスや細菌等が体内に侵入して、発熱等様々な症状を引き起こす病気。
アバウトすぎたかな(^_^;)

子供は免疫力が弱いので、感染症にかかると重症化することも…

早めに受診をしましょう! ←これ絶対大事!

うちも、微熱と鼻水が出ただけで病院へ行ったら、即入院。急性肺炎だった…なんてことがあった( ̄○ ̄;)

また、病気によっては予防接種を受けることも大切ですね。
ラベル:子供 感染症
posted by chiyano at 23:35| 子供の感染症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月12日

つるの うがい

TVでおなじみの「つるの剛士」さんがわかりやすくうがい方法を紹介!

コレ、わかりやすい(^0^) 


ラベル:つるの剛士
posted by chiyano at 23:46| 「手洗い」と「うがい」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月08日

うがい方法 A

うがいは、基本的に通常のお水でOK!なんだけど、うがい薬を用いたうがい方法もある。

うがい薬には、「殺菌消毒用」と「消炎鎮痛用」の2種類があるそうだ。

「殺菌消毒用」は、ノドの殺菌、風邪予防、歯の治療後の細菌感染予防、口内炎、口臭予防などに使用。
主な製品名では、イソジンうがい薬・パブロンうがい薬・ルルうがい薬・コルゲンコーワうがい薬・ジキニンうがい薬・ポピドンうがい薬・・・など

「消炎鎮痛用」は、口やノドの炎症を早く治す効果があり、ノドに腫れや痛みを感じる時などに使用。
主な製品名では、パブロンうがい薬AZ・アズレイうがい薬・アルペンうがい薬・クリーンピットAZ・・・など

うがい方法は、「うがい方法 @」のAから使用。秒数は15秒ぐらい。
必ず、添付文書の内容を確認してから使用すること。

あと、インフルエンザ予防には、お茶や紅茶などでうがいするといいとか・・・「カテキン」がいいらしい・・・







posted by chiyano at 01:57| 「手洗い」と「うがい」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月04日

うがい方法 @

◎うがいをする前に、まず手を洗うのが基本です。

@まず始めに、口に水を含みます。(コップ1/3ぐらい)そして、口の中を比較的強めにブクブクとゆすぎ、吐き出します。
 
 こうする事によって、食物残渣を取り除いたり、口の中にあるウィルスを一度外に出します。

A次に、上を向いて「あ〜」と声を出しながらガラガラとノドの奥をうがいします。(10秒×2回ぐらい)

基本的に、通常のお水でOK!

Let's try!
ラベル:ウィルス うがい
posted by chiyano at 23:46| 「手洗い」と「うがい」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。