2009年03月26日

インフルエンザ症状

インフルエンザの主な症状
・高熱(38〜40℃)
・頭痛、頭重感
・筋肉痛
・関節痛
・全身倦怠感
・のどの痛み
・鼻水
・咳
通常の風邪に比べ、症状が重く、全身状態も顕著に現れます。

潜伏期間が短く、感染力が強い事も特徴。
感染後1〜3日間の潜伏期間を経て、突然38〜40℃の高熱が出て発病。
同時に悪寒、頭痛、関節痛、筋肉痛、全身状態などの全身症状が現れます。
これに続き咳、鼻水、のどの痛み、胸の痛みなど、呼吸器の急性症状が見られます。
発熱は3〜7日続きます。
登園・登校は熱が下がって2日間経過した後です。
posted by chiyano at 23:17| インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。