2009年05月14日

おたふく予防接種

おたふく予防接種は、満1歳から受けることができる。
任意接種なので、費用は自己負担。ちなみに私の住んでいる地域では、6〜7千円ぐらいでした。

おたふく風邪は、年齢が上がるほど症状が重くなるので3歳〜5歳ぐらいまでには受けておくのBEST・・・だそう。
うちの場合ネェネが3歳で保育園に入園しすぐおたふくになってしまったもうやだ〜(悲しい顔)
集団の中にいると、すぐ何かしらの感染症をもらって来てしまう・・・
入園前に、済ませておけば良かった・・・とその時思ったたらーっ(汗)

おたふく風邪の予防接種の副作用として、おこりうる症状は、予防接種直後では、予防接種部位が、赤く腫れたりする。
他に、おたふくに罹ったような耳下腺の腫れや発熱が軽度出る。
だいたい予防接種を受けてから、2週間後ぐらいに出やすいようなので、注意が必要!
しかし、2〜3日程度で治まるよう。
また、おたふくの合併症についても0%ではないようなので、こちらも注意!
いずれの場合も、おかしいと思ったらすぐ受診をexclamation

予防接種を受けても、10%ぐらいの子供が、免疫がつかず将来おたふくになる可能性がある。
しかし、予防接種を受けていない子よりは症状が軽いらしい・・・

年齢が上がるほど症状が重く、辛いおたふく・・・
思春期をすぎても、まだ罹ってない場合は予防接種を受けた方がいいと思う。
過去に、おたふくに罹ったかどうかわからない場合は病院で抗体検査をして調べられるので、心配な人は受診し医師に相談を・・・病院
posted by chiyano at 03:25| おたふく(流行性耳下腺炎) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。