2009年04月26日

おたふく風邪とは…

おたふく風邪とは、「流行性耳下腺炎」や「ムンプス」とも呼ばれる感染症で、ムンプスウィルスによる飛沫感染および接触感染にて発病します。
一般的には、2歳〜12歳ぐらいの子供への感染が多いが、赤ちゃんでも大人でも感染し発病する事もある。

潜伏期間は2週間前後で、38℃以上の発熱と耳下腺の腫れが見られる。
耳下腺の腫れとは、耳の後ろ下の方〜あごにかけての腫れで、片方しか腫れない事もあり後からもう片方も腫れる場合もある。
また、あごの下(顎下腺)も腫れる事がある。
子供は、「耳が痛い!」と、はじめに訴える事が多いらしいので中耳炎?と思うかもしれないけど、おたふく風邪をまだしていない場合は、この腫れをチェック!←そーっとさわってね。

腫れは、2〜3日目がピークでその後約1週間ぐらいで治ってくる。(5日〜10日)
ひどい時には、口が開かないほど腫れたり、つばを飲み込むのも辛い時もある(∋_∈)
食事は流動食の様なもの。
また、脱水予防のため水分摂取をきちんとする事も大切。
しかし、それも出来ない程の状態なら早めに受診し医師に相談してね。(点滴で水分ホキュー)
また、口の中が荒れやすくなるので、こまめにうがいをすると良いらしい…

ムンプスウィルスに直接効く薬はないらしい。
自然に腫れがひくのを待つしかないのだとか…
しかし、痛みが強い場合は冷やすなど症状に対する処置・治療はできる。
また、頭痛や吐くなどの症状がある場合はすぐ受診して医師に相談してね。→合併症に注意!
posted by chiyano at 23:57| おたふく(流行性耳下腺炎) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気をつけて!

昨日、小児科へ行きました病院

息子が、ちょーっと鼻水たらーっ(汗) そして微熱あせあせ(飛び散る汗)
去年の今頃も同じような症状があり、受診。
熱がすぐ下がったので、あんまりたいした事はないなぁ〜と思っていたんだけど、薬がきれるとまたちょこっと鼻水たらーっ(汗)

「鼻垂れ小僧は今でも珍しくない」なんて近所の人に言われたけど、また熱が出たら可哀想だし仕事も休まなきゃいけないし…
と思ってまた受診病院
そしたらなんと急性肺炎で1週間の入院(°□°;)

なのでそれ以来たいしたことないと思える程の症状でも、すぐ受診してます。
さすがに、夜中は様子見るけど(^_^;)

そんなこんなで、昨日も受診。
やっぱりたいしたことなかった…(^_^;)

けど、小児科の先生から、
「今この地区じゃ、おたふくが流行ってるから、もしかしたら…って事もあるから気をつけてね。」
と言われました。
のんびりお気楽な私は「はぁい手(パー)」と返事をし家に帰った。

夜、お風呂に入って今日一日を振り返って考えてる時に、はっひらめきと気が付いた(°□°;)

気をつけてって何に…?
予防?症状?でも、もしおたふくだったら今さら何に…?

う〜〜〜ん(∋_∈)

私の頭の中にある「おたふく」は耳の下あたりが腫れる。熱が出る。ぐらいだぁあせあせ(飛び散る汗)
ネェネは3歳の時に、おたふくをやったけど…
どうだったかな?
なんかアゴの下も腫れた様な気がしたけど…
アレ?忘れちゃったがく〜(落胆した顔)
posted by chiyano at 03:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。